家電

オシャレな空気清浄機『ブルーエアのBlue 3210』|使ってみた感想レビュー

2022年10月24日

 

新しい空気清浄機を買って1ヵ月ほど経ったので、使ってみた感想など紹介します。

 

Blueair Blue 3210

 

使ってみた感想

BlueairBlue3210本体

 

結論から言うと、

 

見た目:最高
操作性:シンプルで好き
手入れ:楽ちん
値段:普通(24000円)
性能:まだわからん

という感じ。

 

見た目に関しては完璧。

 

こんなに可愛い空気清浄機ある?

 

コンパクトで、シンプルでおしゃれ。

(ちなみにサイズは、幅20㎝×奥行20㎝×高さ42.5㎝)

 

ボタンが1個しかないから、ごちゃごちゃしてなくて見た目スッキリ。

 

あと、びっくりするくらい軽い(1.7㎏)

 

音は扇風機と同じくらい静か。

 

オート、低速、中速、高速があって、高速にすると風がブオーって出て音が大きくなる。

 

低速だとちょっと風の音がするな~くらい。

 

肝心の性能は、

 

確実なのは、タバコのニオイが消える時間が早くなった。

 

それ以外は、

 

ホコリが減ったような気がする…。

 

空気がキレイになっているような気がする…。

 

旦那(アレルギー性鼻炎)が、鼻かんでるの減った気がする…。

 

ニオイ以外は、気がするという程度。

 

まだ花粉の季節が来てないので、春になるともっと実感するのかもしれない。

 

ちょっと心配なのが、ずっとオートモードにしているけど、1回も高速になったことがない。

 

掃除機かけても、タバコのニオイが来ても(ニオイは後で消えるけど)、わざと近くで布団をバサバサしてみても反応なし。

 

実家のシャープの加湿空気清浄機は、近づいたらブオォォーって強になって、

 

「私クサいん?」って思うくらい反応がいいので、オート機能の感度は低そう。

 

「これくらいの空気やったらキレイの範疇ですよ、奥さん」って思ってるのかもしれないw

 

 

きっかけ

タバコ

 

空気清浄機を買おうと思ったきっかけが、下の階の住人がベランダでタバコを吸うようになって、ニオイが部屋に入ってくるから。

 

まぁ~クサイクサイ。窓閉めててもクサイ。

 

タバコの威力すんげ。

 

リビングの窓がベランダ側だけしかないからニオイが籠って、30分くらいはずっとクサイ。

 

ほんで、ニオイ消えて来たな~って思ったらまた吸い出す。

 

そういうことがあったんで、空気清浄機買ってみようという流れに。

 

タバコが理由なので、とにかく

 

絶対:脱臭ができる
絶対:見た目がオシャレ
できたら:お手入れが楽ちん

 

この3つの条件を決めて、色々探した結果「ブルーエアの Blue 3210」にたどり着いた。

 

 

 

特徴

 

見た目がオシャレ

他の空気清浄機に比べて、見た目がずば抜けてオシャレだった。

 

 

しかも、プレフィルター(下のカバー)の色を変えることが出来る(別売り)。

 

同梱されてるのはダークグレー。

 

後で色を変えれる空気清浄機はじめて見た。

 

円柱というフォルムと、布を着せるとう発想がすごい、家具っぽい感じになって素敵。

 

さらに、ボタン(ボタンっていうか、タッチパネルみたいな感じ)が天面に1個だけというシンプル構造。

ボタンいこブルーエア

真上からアップで見たら、穴気持ち悪いなw

 

見た目がとにかく気に入った

 

 

機能

 

機能は、どの空気清浄機も同じようなことを書いてるので、そんなに食いつきはしなかったが、

 

とにかくタバコのニオイを消してくれ!という私の願いを叶えてくれそうな動画があった。

 

 

めっちゃすごいやん!この空気清浄機!

 

って思ったのと、

 

 

 

「タバコの煙などの有害物質を99%以上除去」って書いてて、これいいかも、って思った。

 

 

お手入れ

 

あと、この空気清浄機は、お手入れが超楽ちん。

 

カバー部分のプレフィルターは洗濯可能。

 

メインフィルターは6か月に1回交換するだけ(純正の交換フィルターは4000円)。

 

なんて楽ちんな空気清浄機。

 

これならズボラな私でもできる!これにする!

 

て感じで、「ブルーエアのBlue 3210」に決めました。

 

 

 

次は、開封した時の様子を紹介。よかったら見てね♪

 

 

開封

ブルーエア3210箱1

段ボールの中に…

BlueairBlue3210箱2

更に段ボール。

 

「マトリョーシカか」とツッこんでしまったわw

 

BlueairBlue3210

 

入ってたのはこれだけ。

 

本体と取扱い説明書。

 

 

BlueairBlue3210本体

 

空気清浄機感が無くて素敵。

 

ゴミ箱っぽくはあるけどw

 

コンセントさしてスイッチ入れたらすぐ使えた。

 

めっちゃ楽ちん

 

 

ボタンとランプ

BlueairBlue3210上部分

 

スイッチを入れると、ランプが「赤・橙・青」と点滅する。

赤:汚れている
橙:ふつう
青:キレイ

 

背面にセンサーがあって部屋の空気が汚れているかどうか感知して、前面のランプでお知らせしてくれる。

 

操作ボタンは1つだけしかなくて、天面の真ん中にある。

 

そこを押すと電源が入ってオートモードになり、ボタンを押すごとにモードが変わる。

 

ランプ モード
BlueairBlue3210ランプ1 電源オン/オートモード
BlueairBlue3210ランプ2 低速(ナイトモード)
BlueairBlue3210ランプ3 中速(ノーマルモード)
BlueairBlue3210ランプ4 高速(ブーストモード)

 

なんてシンプルな空気清浄機なんだ。

 

実家にあるシャープのやつ、めっちゃボタンもランプもあるから、比べるとこれだけ?って拍子抜け。

 

でも、ゴチャゴチャして無くて好き。

 

 

背面

BlueairBlue3210後ろ

 

背面には、センサーと電源コード。

 

BlueairBlue3210隠す

 

電源コードは、外側のカバーで隠せる。

 

内側

ブルーエア中

上の白い部分(ファン・モーター)を外すとこんな感じ。

 

モータブルーエア空気清浄機

ファンとモーター部分、ひっくり返した。

 

扇風機の羽根みたいなやつが入ってる。

 

 

空洞ブルーエア空気

下の部分。ほんまにゴミ箱みたい。

 

 

フィルターブルーエア

 

プレフィルターを外すとメインフィルターが出てくる。

 

メインフィルターは6か月後に交換。

 

プレフィルターは洗濯できるので、メインフィルター交換するときに一緒にしようと思う。

 

 

コンセント

コンセントブルーエアー

 

コンセントの部分は、白で細長いアダプター。

 

ここだけ黒とかだと嫌だから白でよかった。

 

 

最後に

 

1ヵ月くらい使ってみて、空気が澄んでいるような気はする。

 

あと、タバコのニオイは無くなりはしないけど、クサいって思ってから、ニオイが消えるのが早くなった。

 

「タバコの煙などの有害物質を99%以上除去」って書いてあったから、タバコのニオイが来ても、あんまりイライラしなくなった。

 

オートモードだけ、ちゃんと機能してんのかな?っていう不安はあるけど、それ以外は満足。

 

テレビの横に置いてて、テレビ見る時にチラっと空気清浄機見て、可愛い、これにして良かった♪ってニヤついてるw

 

私が買ったのが、15畳までのやつで、他に35畳と、四角い44畳のやつがあったよ。

 

オシャレな空気清浄機を探しているかたにオススメです♪

 

 

 

-家電

Copyright© 日傘ねこ 便利グッズ&これいいな , 2022 All Rights Reserved.